デザインを作る

ポスターテンプレート

エディターACの無料のポスターテンプレートを使えば、誰でも簡単にお知らせやイベントポスターが作成できます! 商用フリー、テンプレートのイラストや写真もそのまま利用可能です。

232点のテンプレート
新しいポスターを作る

おしゃれなイベントポスターを無料で作成しよう!ポスター制作の基本から、テンプレートを使った作成手順を解説

駅のホームやショッピングモール、カフェなどでよく見かけるポスター。

多くはイベントの告知を目的としていますが、芸術作品として扱われインテリアとして楽しむ人も少なくありません。

そんなポスターですが、イベントなどの宣伝や告知のために作りたいと思ったら、専門の業者へ頼もうと考える人は多いでしょう。

でも実は、プロのデザイナーが作成したテンプレートを使うことで、デザインが苦手な人でもおしゃれなポスターを簡単に作れてしまいます。

特別なスキルは必要なく、数百種類のテンプレートから好きなデザインを選んでカスタマイズすれば、自宅でも簡単にポスターを作成できます。


ポスターとはどういうものか

ポスターは、

  • 商品やサービスの宣伝
  • イベントの告知
  • 選挙
  • インテリア

などの目的でよく利用されています。

チラシよりは大きなサイズを使い、歩いて通り過ぎる一瞬で注意を引くようなデザインが求められます。

昨今は利便性とエコの観点から、スクリーンに映し出すデジタルポスターも増えています。


ポスターとチラシの違いは何か

イベントの宣伝や商品の紹介などに使われる広告物として、「チラシ」もよく使われます。

大まかの違いとしては、

  • チラシ:配布するもの、手に取って読んでもらうもの
  • ポスター:掲示するもの

チラシは手に取ってもらえさえすれば、あとはその場でも持ち帰ってでも読むことができるので、小さい文字で情報を載せることができます。

逆にポスターは壁や柱に掲示されているだけなので、その場で読み込んでもらえるようにする必要があります。

そのためには、

  • 一瞬で目を引くようなデザインにする
  • 思わず立ち止まってしまうデザインにする
  • 一瞬で理解できる内容にする

これがポスターでは重要になります。

通りすがりに目にする時間が 2 ~ 3 秒、立ち止まったとしても最長で 10 秒ほどと言われているので、10 秒以内には理解できる内容で作成する必要があります。


ポスターにはどんなサイズや紙質がいいのか

ポスターのサイズは、貼る場所や用途によって変わります。

  • A0:841mm × 1,189mm
  • A1:594mm × 841mm
  • A2:420mm × 594mm
  • A3:297mm × 420mm
  • B0:1,030mm × 1,456mm
  • B1:728mm × 1,030mm
  • B2:515mm × 728mm
  • ・B3:364mm × 515mm

駅や通路などに貼られているのは、「B0、B1、B2」といったサイズのもの。

映画館などに貼られている劇場用ポスターは「B1」、インテリアなどに使われるポスターは「B2」が多いです。

紙質は屋外か屋内かで異なり、屋外で使用する場合にはビニール素材のターポリンが使われることがあります。

屋外では目立つような大きいサイズを通常制作しますが、カフェなどの屋内では大きすぎると圧迫感が出てしまうので、その場を考慮したサイズを考えましょう。


ポスターの目的は何か

インテリアとして楽しむ場合にはデザイン重視になりますが、基本的には「広告」や「宣伝」が主な目的になります。

「宣伝」という目的ではチラシと同じではありますが、ポスターの場合は一瞬見ただけで、購入や登録といったアクションを起こせるようにする必要があります。

ただし、チラシのように情報を多く載せると理解もしづらくなるので、ポスター作成の方がハードルは高くなります。


ポスターの制作費用はいくらくらいか

チラシと比べコピーライティングの費用なども上乗せされる傾向にあるので、地域によっても変わりますが、料金としては 40,000 円から 100,000 円が相場です。

また利用する画像素材によっても上乗せされるので、特別に撮影が必要になる場合は別途費用が加わります。

それぞれの費用を細かくみると、

  • コピーライティングなどの原稿制作費(平均 3 万円から 5 万円)
  • ディレクション費用:デザインなどの提案(平均 1 万円から 3 万円)
  • 商品などがある場合には撮影費(平均 3 万円から 8 万円)
  • デザインの修正費(2、3回目以降からデザイン費の 10 %から 20 %)

となります。

そして、ポスターの場合はチラシと比べ大判で、屋外設置の場合は防水加工やターポリン素材などでの制作となります。

枚数は少なくても 1 枚あたり 1000 円から 3000 円が相場となります。

どの大きさで、どの質感の紙が必要になるのかしっかりと相談してから制作しましょう。


ポスターを自分でデザインするなら、editorAC のテンプレートを使って無料で作成できます

全国的なイベントや大企業の商品を宣伝するようなポスターは、デザイン会社に依頼して作成してもらう方が安心ですが、近所のイベントや個人経営のお店の商品を宣伝するなら自分で作成してみるのもいいでしょう。

ただし、これまでにデザインをしたことない人の多くは、何から始めればいいのか分からないということもあるでしょう。

もし「デザインするのが不安」「なるべくお金をかけたくない」という場合は、オンライン上で誰でも使える「editorAC」がおすすめです。

editorAC では、デザイナーが作成した数百種類ものテンプレートがあるので、好きなデザインを選んでカスタマイズすれば、あっという間におしゃれなポスターが完成します。

もちろん、editorAC の登録と利用、テンプレートの使用も無料。

作成画面では、「写真AC」や「イラストAC」などの素材も簡単に挿入でき、お持ちの画像をアップロードして使うこともできます。


ポスターにはどんな情報を載せるべきか

ポスターには、通りすがりの一瞬で必要な情報を伝え、そして購買などアクションを起こさせる必要があります。

そこで明確にしておきたいことは、

  • 誰に
  • 何を
  • どう行動して欲しいのか
  • 得られるメリットは何か

の4つ。

これらの情報を全て文字として盛り込みたいのは山々ですが、一瞬で理解してもらうためには効果的に画像を用いることも大切です。


ポスターを作成する前の準備はどうするか

慣れている人ならすぐにパソコンを広げてデザインを始められますが、デザインに自信がない人は、まずは以下の下調べをしましょう。

  • 同業者はどんなポスターを作成しているか
  • どんなキャッチコピーを使っているか
  • どんな画像や色を使っているか

ポスターの作成を始める前に、必ず同業者はどのようなポスターを作成しているのか確認しましょう。

すると、どんなキャッチコピーを使っていて、どんな画像を使っているのか傾向が分かります。

また色もイメージを伝えるときの重要な要素で、

  • 青や緑は「安心」
  • 白は「純粋」
  • 赤は「情熱」
  • 黒は「高級」

を表すことができます。

業種のイメージにある色を選びつつ、どのような画像と文言であればアプローチできるのかを作成する前にしっかりと下調べしておきましょう。


ポスターの作成手順

一からポスターを作成することもできますが、ここではテンプレートを使ったポスターの作成手順を紹介しましょう。

  1. テンプレートを決める
  2. 画像や文字を自由にカスタマイズする
  3. 完成したポスターを保存する
  4. ポスターを印刷会社へ発注する(またはコピー機で印刷)

ポスターをデザインするときのコツ

ポスターは一瞬で消費者へ情報を伝えなければならないので、注意を引くデザインにすることが最も重要です。

  • 文字は可能な限り大きくする
  • 情報を詰め込みすぎない
  • 目立つ色の組み合わせを使う
  • インパクトのある写真やイラストを使う

コツ①:文字は可能な限り大きくする

ポスターは手に持ってもらえないので、遠くからでも分かるようなインパクトが必要となります。

もちろん情報も必要となるので、最も伝えたいこと、気を引いてもらうための言葉は可能な限り大きくしましょう。

その時に、文字数が多くなってしまうとインパクトに欠けてしまいます。

文字に強弱を付けたりして、少ない言葉で注意を引くようにしましょう。


コツ②:情報を詰め込みすぎない

元々そのイベントや商品などが大好きな人ならば立ち止まってくれるかもしれませんが、基本的に通り過ぎるだけだと想定します。

その時に、文字情報があり過ぎると逆に何を伝えたいのか分からなくなります。

そうなると風景の一部と化してしまうので、可能な限り文字情報は削ぎ落としましょう。


コツ③:目立つ色の組み合わせを使う

最も目立つ色の組み合わせは、黒と黄色などの「補色(反対色)」を使うこと。

黄色ベースの写真に黒色の文字、緑色ベースのイラストに赤色の文字などを使うと、文字がはっきりとします。

その変わり、補色を使う場合にはデザイン全体として色を少なく使うことも大事です。

10 色ほど使っていては反対色にもならないので、3 色 から 5 色程度を目安にデザインしましょう。


コツ④:インパクトのある写真やイラストを使う

ポスター制作でとにかく大事なことは、情報を極限まで削ること。

もし文字にすると情報が多くなってしまうのであれば、消費者がイメージしやすい写真やイラストになるべく変えましょう。

もちろん、写真やイラストもシンプルにする方が伝わりやすくなります。


デザインしたポスターはどうやって印刷すればいいのか

ポスターとなると大判になってしまうので、基本的には外注となるはずです。

  • 印刷業者
  • 自宅のプリンター
  • コンビニのマルチコピー機

自宅用のプリンターやコンビニのマルチコピー機では、分割の機能を使ってポスターサイズにすることは可能です。

その場合には、自分自身で繋ぎ合わせなければいけないので、手作り感はどうしても出てしまいます。

大判で綺麗に印刷する場合は、印刷業者へ依頼する方が確実です。

自宅のプリンターで印刷する場合は「印刷」から、コンビニのマルチコピー機や印刷業者を利用する場合には、「PDF」でダウンロードしてファイルを転送してください。


豊富なテンプレートや画像素材を使っておしゃれなポスターを editorAC で作成しよう

ポスターのデザインをできるツールはいくつもありますが、アイデアやノウハウがあるデザイナー向きとなっているので、ノンデザイナーだと思ったように使えないことがよくあります。

でも、editorAC なら数百種類のテンプレートから気に入ったものを選んでカスタマイズすれば、おしゃれなオリジナルポスターを簡単に作成できます。

また、「写真AC」や「イラストAC」の素材も簡単に挿入できるようになっているので、素材サイトから探してくる必要はなく、エディター画面内で完結させられます。

editorAC は、従来のデザインツールのようにインストールする必要はなくオンライン上でデザインできるので、誰でもすぐに作成を始められます。