請求書テンプレート

エディターACの無料の請求書テンプレートです。帳票もオシャレなデザインにしてみませんか?

29点のテンプレート
新しい請求書を作る

テンプレートを使って無料でオリジナル請求書を作成しよう!請求書作成の基本から、テンプレートを使った請求書の作り方までを解説

副業やビジネスを始める人が増えたことで、個人事業主やフリーランス以外でも「請求書」の発行が欠かせなくなりました。

在宅勤務によりオンライン商談が増え、名刺交換をする機会が少なくなった今、請求書へのこだわりや意識が変わってきています。

エクセルで簡単に作成することもできますが、大切なお取引を証明するものとしてデザインにもこだわりたいものです。

今回は請求書の役割、請求書を簡単に作成するコツついてお伝えしていきます。


請求書とは?

「請求書」とは、仕事の取引で発生した料金を支払ってもらうために発行する文書です。

フリーランスの場合、納品後に請求書を発行し、取引先からの支払いを受ける流れが一般的です。

取引金額や内容、振込口座・振込手数料の指定は、請求書を発行する側が責任を持って提示する必要があります。

取引先の支払い忘れや、金額に関する食い違いを防止するためにも、契約書と並ぶ文書です。

2023年10月1日からインボイス制度がスタートすることで、世間の請求書に対する意識はより高くなっています。

これから事業をはじめる人・現在の売り上げが年1,000万円以下の人は、これまで以上に注意が必要です。


請求書の役割

請求書には以下のような役割があります。

・支払いの必要情報を伝える

請求内容やそれに関することを明示することで、取引先とのトラブルを未然に防ぐことができます。

支払いが行われなかった際に督促を行う場合、確実な情報を取引先に送付できているかが焦点になるケースもあります。

請求書と合わせて、仕事内容や取引内容を慎重に確認した上で契約を取り交わすことが大切。

インボイス制度がはじまると、さらに「規格請求書発行事業者」としての登録番号の記載も必要になります。

請求書の作成や見直しは慎重に行いましょう。

・ブランドアピール

次回の取引につなげるためには、最後の印象も大切です。

請求書は取引の一番最後に見る書類になることが多く、最後の印象として残りやすくなります。

個人事業主やフリーランスにとって印象を残すことは、次のビジネスの機会につなげるためにも必要不可欠。

請求書を使ってブランドアピールも積極的に行ってみましょう。


請求書に必要な項目とは

具体的に請求書には何を記載すればよいのかを解説します。

・必須項目

下記は請求書として必須とされる項目です。

  • 請求先の氏名または会社名
  • 請求元の情報
  • 発行日
  • 取引内容
  • 取引金額

取引金額は科目ごとに適用税率を区分し、合計した税込金額の額を記載するようにしましょう。

・必須項目以外であったほうがよいもの

双方の行き違いやトラブルを未然に防ぐために、下記の項目もあるとよいでしょう。

  • 請求書番号
  • 請求者の捺印
  • 振込先
  • 振込手数料
  • 支払い期限
  • その他特記事項や備考

上記は必須ではありませんが、慣例として多くの企業が記載しており、できる限り記載を心がけましょう。

請求書番号の付け方に決まりはなく、なくても問題はありません。

ただし、管理が容易になり、取引先との意思疎通もしやすくなることから、発行者側で管理しやすい番号を付けておくとよいでしょう。

これらのポイントを押さえておくと、請求書として完成度の高いものになります。


各項目の基本的な配置

それぞれの項目はひとつのブロックとして考えると、配置がしやすくなります。

・請求先

請求先の名称や住所・連絡先などの情報は、最初に見てほしい要素としてページ左上部にまとめましょう。

・請求元

請求書を発行した人の会社名・担当者名・住所・連絡先を記載します。

ページの右上部や、ページ下部に左寄せ・右寄せで記載することが多いです。

・発行日、支払い期限、請求書番号

公的な文書などでは、日付は右上部に記載されることが多いです。

支払い期限とセットで記載しておくと、目につきやすくなります。

請求書番号も添えておけば、問い合わせが発生した時にも便利です。

・取引内容、取引金額

取引金額はページ中心部に目立つように記載しましょう。

合わせて、取引内容(品目や単価、数量、税率)を明記し、認識に齟齬が生まれないようにします。

・振込先、その他特記事項や備考

振込先情報や注釈は、ページ下部にまとめておくとよいでしょう。

振込手数料の負担有無についても忘れずに記載しましょう。


印象的な請求書を作成する際のコツ

請求書の基本的な構造は決まっていますが、デザインをする場合に気をつけておきたいポイントについて解説します。

・見やすさにこだわる

それぞれ項目を見やすく配置するには下記を意識します。

  • 字揃え:左寄せや右寄せを意識して整列させる
  • 表:取引内容は一覧にしてまとめる
  • 箇条書き:情報を羅列する場合は箇条書きでまとめる
  • 余白:各要素が見やすくなるように十分な余白をいれる

・ブランドイメージに合った色を使う

「色」の印象は強く残ります。ブランドイメージに欠かせない大切な要素です。

自分のブランドを思い出してもらうためにも、請求書全体の配色を大切にしましょう。

・グラフィック要素を加える

一味違った請求書を発行する時は、下記にこだわってみましょう。

  • イラストをワンポイントで入れてみる
  • 背景に写真やパターンを使う
  • グラデーションを入れ単調さをなくす

これらに気を配るだけで、洗練された請求書に仕上げることができます。


editorACのテンプレートを使えばオリジナル請求書を無料で作成できます

「editorAC」を使えば、オリジナルの請求書を無料で簡単に作ることができます。

  1. 好きなデザインの請求書を選択し「このテンプレートを編集」を押す
  2. 画像やテキストをカスタマイズする
  3. 完成した請求書をダウンロードする

ひとつひとつのステップが直感的でわかりやすく設計されているので、だれでも簡単にオリジナルの請求書を作成できます。

お手持ちの写真やイラスト素材を一度に20点までアップロードできるだけでなく、「写真AC」と「イラストAC」の豊富な素材も簡単に挿入できます。

レイアウトやデザインの時間を大幅に短縮され、画像やテキストの配置に悩むこともなくなります。

作成したデザインは「JPG/PNG/PDF形式」でダウンロード可能です。

データはマイページに保存され、いつでも好きな時に修正できます。

オンライン上で全て完結できる「editorAC」を使って、オリジナルの請求書作りをお楽しみください。